いろんなサーバー設定研究所

インフラエンジニアに役立つ各種設定やTipsを提供します Windows Server、Linux など

*

現役エンジニアによるCCENTの説明と資格取得のための勉強方法

   

ITエンジニアが資格を取得する必要性

IT業界、特にインフラエンジニアやネットワークエンジニアと呼ばれる職種につくためには、ネットワークの知識が必須となります。従来はネットワーク、サーバー、データベースなど、特定の分野だけを詳しく知っていれば十分エンジニアとして成立しましたが、残念ながらそんな時代は終わりました。最近は、仮想化技術の発展やクラウドサービスの登場をうけ「ネットワークもサーバーもデータベースも」「全レイヤ全サービスのIT技術」を把握していないと、エンジニアとして認められない時代になってきています。

image

そんなわけで、ITエンジニアには幅広いIT技術の習得が求められれます。資格取得のカテゴリでは、現役のITエンジニア、インフラエンジニアやITエンジニア、インフラエンジニアを目指す学生に向け取得すべき資格を紹介していきます。


CCENTとは?

CCENTとは?まずはCiscoの資格紹介ページからの引用です。

CCENT 認定は、ネットワーキング関連の多数の有望なキャリアにおける出発点となります。基本的なネットワーク セキュリティを含め、小規模なエンタープライズ ブランチ ネットワークの導入、運用、およびトラブルシューティングを行う知識と技能を認定します。

「Ciscoの資格」と言われると、Ciscoのスイッチやルーターに特化した資格の様に思われがちですが、決してそうではなく、基本的なネットワークの知識も問われます。そのためCCENTを所有していると「ある程度IT技術の話が通じる人材」として就職や現場で重宝、とまでは言いませんが、少なくとも戦力として認められるようになります。

どんな人が受験すれば良いの?難易度はどれくらい?

認定条件はありませんので、

  1. 学生
  2. 駆け出しのITエンジニア、ネットワークエンジニア、インフラエンジニア

といった方の受験に適しています。もちろん、ベテランのエンジニアさんが自分の知識を整理するために受験するのもOKです。

難易度はCisco認定試験の中で、もっともやさしい試験となります。が、舐めてかかると落ちます。

image

どうやって勉強をするの?

選択式問題の対策

難易度はそれほど高いものではないので、現役エンジニアであれば、問題集を1冊購入してひたすら解いていく事をお勧めします。

学生や新米エンジニアであれば、参考書を1冊購入して一通り目を通した上で問題集を解いていく様にしましょう。定番ですが、やはり定番だけあってこちらの参考書をお勧めします。

徹底攻略 Cisco CCENT/CCNA Routing & Switching 教科書 ICND1編[100-101J][200-120J]対応 (ITプロ/ITエンジニアのための徹底攻略)

徹底攻略Cisco CCNA Routing & Switching/CCENT問題集 [100-101J][200-101J][200-120J]対応

初学者さんや、ちょっと黒本の硬い文章が苦手というかたはこちらの参考書をお勧めです。かみ砕いて、分かりやすい言葉で瀬悦明されているので、とっつきやすいです。

シスコ技術者認定教科書 CCENT/CCNA Routing and Switching ICND1編 テキスト&問題集 [対応試験]100-101J/200-120J (EXAMPRESS)

シミュレーション問題の対策

ヤフオクあたりでスイッチやルーターの中古品を2~3台購入して、実際に機器の設定を行いスキルを身につけましょう!…という方法を一昔前は本当に多くの方がやられていましたが、購入費用も電気代もかかるし自宅の設置スペースも必要になりますので、お勧めしません。(スキルは一番身に付きますが)いまはシミュレーションソフト付きの参考書も発売されているので、こちらを活用する事をお勧めします。

短期集中! CCNA Routing and Switching/CCENT教本

この参考書兼問題集には、Webブラウザ上で動くシミュレーターが付録でついています。CCENTぐらいであれば、この1冊だけで十分かもしれませんね。

それでは、素敵なITエンジニアライフをお過ごしください。

 - 資格取得