いろんなサーバー設定研究所

インフラエンジニアに役立つ各種設定やTipsを提供します Windows Server、Linux など

*

Exchange Server 2013 でメールボックスデータベースを新規作成する方法

      2015/05/23

Exchange Server 2013 でメールボックスデータベースを新規作成する方法です。

メールボックスデータベースは管理センター、Exchange 管理シェルの両方から行うことが可能です。


メールボックスデータベースの新規作成手順

Exchange 管理センターにログインします。「Organization Management」など必要な権限を所有するアカウントでログインします。

[サーバー] – [データーベース] – [追加] をクリックします。ちなみに一覧に表示されているデータベースはExchange Server 2013のメールボックスデータベースだけでなくExchange Server 2010のメールボックスデータベースも表示されます。

メールボックスデータベース名、データベースをマウントするサーバー、データベースファイルのパス、ログフォルダーのパスを設定します。フォルダパスはデーターベースをマウントするサーバー上の適切なパスを指定して下さい。全てのフィールドを入力したら「保存」をクリックします。

ちなみに、データベースファイルとログファイルは同一フォルダ内に格納することをお勧めします。後々記事にしようとは思いますが、トランザクションログが増えてきたらログの切り捨てを実行する必要があります。この時、Windowsのバックアップ機能を使う事になるのですが、データベースファイルとログファイルは同一フォルダ内に格納されていると、そのフォルダに対してだけ処理を行えばよいので、手数が減ります。

とにかく、明確なポリシーがない限り同一フォルダ内に収めるようにしましょう。

さて、処理中に「有効化するにはMicrosoft Exchange Information Storeサービスを再起動してください」と表示されます。ひとまず気にせず「OK」をクリック。

新規作成したデータベースが追加されていることを確認します。

最後の仕上げに、Microsoft Exchange Information Storeサービスを再起動します。これで作成したメールボックスデータベースが有効化されます。

 

メールボックスデータベースの新規作成手順(CUI)

ここまでの手順をExchange 管理シェルで実する場合、以下コマンドを実行します。


New-MailboxDatabase -Name "MailboxDB" -Server "MAIL" -EdbFilePath "D:\Mailbox\MailboxDB\MailboxDB.edb" -LogFolderPath "D:\Mailbox\MailboxDB"

 

以上です。

 - Exchange Server