いろんなサーバー設定研究所

インフラエンジニアに役立つ各種設定やTipsを提供します Windows Server、Linux など

*

Exchange Server に Powershellでリモート接続する方法

      2015/05/23

Exchange Server 2013がリリースされてから2年程度経過しましたね。

SP1も公開すみですので、そろそろ導入しても良いかなぁと考えていますので、しばらくExchange 2013の導入記事を書いていこうと思います。

またExchange Server 2010からのアップグレードを想定環境として記事を書いていこうと思いますが、その前に小ネタとしてクライアント環境からPowershellを利用してExchange Serverに接続し、get-mailboxなどのコマンドレットが利用できるようになる手順を小ネタとして投稿してみます。


クライアント環境からExchange Server の管理権限を有するアカウントで、以下コマンドを実行しExchange Serverとのセッションを取得してコマンドレットをロードします。


$Session = New-PSSession -ConfigurationName Microsoft.Exchange -ConnectionUri http://<your exchange server FQDN>/PowerShell/ -Authentication Kerberos Import-PSSession

# Exchange コマンドレットが使えるようになっています。

get-mailbox -identiity ...

# スクリプトにする場合は最後に
セッションを破棄しておきます。

remove-pssession $Session

Exchange Server の管理権限を有するアカウントでセッションを取得することっで、そのアカウントのロールに割り当てられているコマンドレットをロード時各種コマンドレットが実行できるようになります。

クライアント環境にはExchange Serverの管理ツールや管理シェルをインストールする必要はありません。

 

ExchangeのコマンドレットとActive Directoryのコマンドレットがスクリプトの中で使えるようになれば、アカウント管理の自動化に大いに貢献してくれます。

入社、退職処理の自動化にお役立て下さい。

 

これからExchagne Server 2013をインストールしていくぞー!!

 - Exchange Server