いろんなサーバー設定研究所

インフラエンジニアに役立つ各種設定やTipsを提供します Windows Server、Linux など

*

Exchange Server 2013をインストールする方法

      2015/05/23

Exchange Server 2010 が導入されている環境にExchange Server 2013 をインストールする手順です。

2013は2010と比べて、以下の通りに大きな変更点があります。

 

  1. 役割がクライアントアクセスサーバー、メールボックスサーバー、エッジサーバーの3つになった
  2. Exchange 管理ツールが廃止されWebベースの「管理センター」から管理するようになった

 

従来のハブトランスポートサーバーはクライアントアクセスサーバーに統合されました。

またExchange Management Consoleは廃止され、Webブラウザベースの「管理センター」から諸々の設定を行うようになりました。

ゆえにIISが大活躍ですので(体感的に)メモリ消費が激しくなった気がします。

まずは事始め。にインストールを始めていきます。


前提条件を満たす

前提条件を満たす手順はこちら

インストールする

Exchange Server 2013のアップデートの有無を確認します。迷わずupdateをチェックしておきましょう。

アップデートがあれば表示されます。今回は何もありませんのでそのまま「next」

ファイル展開とInitializeが始まり…

インストーラートップがになります。インストールを継続するのでそのまま「next」。

License Agreementに同意して…

エラー報告の有無を選択します。今回は送信しないという設定にして…

導入するExchange Serverの役割を選択します。今回は1台のサーバーに全ての役割を追加しますのでMailbox Role、Client Access Roleを選択します。

Edgeは単一でのみ導入できますのでチェックが入りません。

インストールパスを指定します。

インストールパス指定後Exchange Serverを初めてインストールする場合「Exchange 組織名の入力」が表示されます。組織名称は任意で好きな名前を入れてください。

今回はExchange Server 2010が既に導入されている環境ですので組織名の入力は表示されません。

次にマルウェア対策設定の有効化/無効化を設定します。無効化する理由は特にありませんので、そのまま有効化してサーバー側でのウイルス除去設定を有効化しておきます。ちなみにこの設定は後でいつでも変更可能です。

Exchange Server 2013 導入の前提条件チェックが走ります。

「インストール中にADのスキーマを拡張しまっせ。これ以降はExchange Server 2007はインストールできまへんで」という警告が表示されますが、これは気にしなくてOK。

インストールがはじまって…

インストールが終わりました

インストール手順は以上です。

インストールは終わりましたが、このままではExchange Server 2013の管理センターにログオンできない場合があります。

その理由と回復する手順は次の投稿で!!

 - Exchange Server