いろんなサーバー設定研究所

インフラエンジニアに役立つ各種設定やTipsを提供します Windows Server、Linux など

*

Exchange Server 2013 の管理センターが正しく表示されない場合

      2015/05/23

下記2回に渡りExchange Server 2013 のインストールを実施しました。

Exchange Server 2013インストールの前提条件を満たすまでの手順

Exchange Server 2013をインストールする方法

が、管理センターにはログオンできるのだけれども、肝心の管理項目が表示されないという状況に陥ったので回復手順をメモしておきます。


Exchange Server 2013 から管理ツールは廃止され、Web経由の管理センターが採用されました。

サーバーを管理するためには、Webブラウザから以下URLに接続します。

https://<EXCHANGE HOST FQDN>/ecp/

 

このようなログイン画面が表示されますので、Exchange組織における管理者権限でログオンをしてみますが…

この様に、Exchange 2010 のExchange Control Panel が表示され、2013の管理センターが表示されません。

実は、従来のExchange管理者アカウントを使用してログオンする事はできるんですが、このアカウントがExchange Server 2010上にメールボックスを持つ場合、Exchange Server 2010にアクセスしようとするためExchange Server 2013の管理を行うことができません。Exchange 203用の管理者アカウントを作成する必要があります。

具体的には新規作成したアカウントを「Domain Admins」「Organization Management」に所属し権限を付与し、このアカウントで管理センターにアクセスします。

権限について、はExchangeの管理者とActive Directoryの管理者が異なる場合には必ずしもDomain Adminsの権限を付与する必要はありません。ここでは管理手順の簡略化のため、Exchange管理者にドメインの管理者権限を付与しています。

で、作成した管理者用アカウントでログオンすると以下のような管理画面が表示されるようになります。

Exchange Server 2010 (Version 14.3)とExchange Server 2013(Version 15.0)がしっかりと認識されていますね。

意外とハマりそうなポイントだったので記事にしてみました。

 - Exchange Server