いろんなサーバー設定研究所

インフラエンジニアに役立つ各種設定やTipsを提供します Windows Server、Linux など

*

Exchange Server 2013 でメールボックスを移動する手順

      2015/05/23

Exchange Server 2013 でメールボックスを別のデータベースに移動する手順です。

Exchange Server 2010 では「ローカル移動要求」というものを作成してメールボックスを別のメールボックスデータベースに移動をしていました。Exchange Server 2013においては名称こそ変わりましたが、この仕組みは変わりません。

移動要求の作成、自動移動の開始…となります。

ちなみにメールボックスの移動時にはダウンタイムは発生しません。ユーザーは自分のメールボックスが移動されている事に気づかず、メールの送受信が行えます。


メールボックスを別のメールボックスデータベースに移動する

Exchange 管理センターを開いて、[受信者] – [移行] – [別のデータベースに移動] をクリックします。

ローカルメールボックスの移動の新規作成が表示されるので、「+」をクリックします。

Exchange 組織内の全てのメールボックスデータべースが表示されます。一般ユーザー以外にも、会議室や備品リソース、システムが使用するメールボックスなんかも表示されます。見覚えがないメールボックスもあるかもしれませんね。

移動したいメールボックスを選択して追加したら「次へ」をクリック。

ローカルメールボックス移動の任意の処理名を設定し「プライマリメールボックスとアーカイブメールボックスを移動する」を選択します。併せて、移動先となるメールボックスデータベースも指定します。

「バッチを自動的に開始する」と「移行バッチを自動的に完了する」にチェックを入れて「OK」をクリックし移動要求を作成、実行します。

移動要求が作成され処理が開始されました。

完了するまで少し(メールボックスサイズによってはかなり)待ちます。

これで、メールボックスを別のメールボックスデータベースに移動する事ができました。

メールボックスを別のメールボックスデータベースに移動する(CLI)

メールボックスの移動要求を作成するコマンドレットは「Nws-MoveRequest」コマンドレットを使用します。

メールボックスごとに1件1件リクエストを作成してもよいのですが、面倒くさいのでここでは移行元メールボックスデータベース内のメールボックスをすべて取得し、一括で移動要求を行う1行スクリプトを紹介します。


Get-Mailbox -Database "OLD_MAILBOXDB" | New-MoveRequest -TargetDatabase "NEW_MAILBOXDB" -BatchName "OLD to NEW"

 

以上です。

Exchange Server 2013 になって、調停メールボックスなんかもGUIで処理できるようになったので非常に助かりますね。

 - Exchange Server