いろんなサーバー設定研究所

インフラエンジニアに役立つ各種設定やTipsを提供します Windows Server、Linux など

*

SCCMクライアントエージェントがインストールされない

      2015/05/23

評価ガイドにのっとってSCCMのインストールが終わった後、境界を構成、Active Directoryシステムを探索してコンピュータオブジェクトが無事に表示されるようになったかと思います。インストールがされない!!という方は、以下を確認してみてください。


クライアント側ファイアウォールの設定

以下のプログラムのポートの受信を許可する

  • Windows Management Instrumentation (WMI)
  • ファイルとプリンター共有

基本!!

プッシュインストールアカウント権限

クライアントのプッシュインストールのアカウントには、クライアントPCのAdministratorsグループ相当の権限が必要になります。AD上でサービスアカウントを作成したら、そのアカウントをドメインの「Domain Admins」グループに突っ込むか、グループポリシーでクライアントPCのAdministratorsグループに突っ込みましょう。

これはいずれかの方法をとればOKです。個人的には「Domain Admins」に突っ込むことを推奨しています。

 

サイトサーバー(SCCMサーバー)がクライアントPCの名前を解決できる

これ意外とやってない環境多いんじゃないでしょうか?

サイトサーバーがクライアントPCの名前解決ができないと、エージェントのインストールができません。下手するとActive Directoryの探索でコンピュータオブジェクトが検出されない場合もあります。というか検出されません。

そのため、クライアントPCがネットワークに接続したときに、自動的にDNSゾーンのAレコードに追加されるようにしなければなりません。(手動で登録しても良いですが、規模によっては不可能ですよね)

テクノロジとしてはSCCMと別になりますが、設定は2通りあります。

  1. クライアントPCのNICのプロパティを開いて、IPV4 – 詳細設定 からDNSタブを開き「この接続のアドレスをDNSに登録する」にチェック
  2. DHCPサーバーがWindows Server で稼働している場合、スコープのプロパティのDNSタブからDNSの動的更新を有効化します。

 

上記3点押さえておけば、問題なくインストールはできるようになります。

 

 - sccm