いろんなサーバー設定研究所

インフラエンジニアに役立つ各種設定やTipsを提供します Windows Server、Linux など

*

System Center 2012 をSQLの名前付きインスタンスで構築する

      2015/05/23

Microsoftがエンタープライズ向けに提供しているウイルス対策ソフトとしてForefrontがありますが、こちらの製品が開発終了/販売終了を迎えます。

この後継としてMicrosoftから「System Center EndPoint Protection」が提供されています。この製品は、System CenterというプラットフォームにEndPoint Protectionが乗っかってるイメージですので、利用するにはまずSystem Centerの環境を構築する必要があります。

幸いなことに評価ガイドが提供されているので、基本的にはそちらを参照していただければよろしいかと…

まずは構築時に手間取った点をポツポツ記事にしていきます。


でタイトルの件になるのですが、私の環境ではSQLサーバーを別立てにしており、しかも名前付きインスタンスでDBを構成しました。

この時、何も考えずにSCCMのインストーラを進めると以下のエラーが表示されます。

指定された接続情報ではSQL Server に接続できません。次のことを確認してください

これはSQL Serverのネットワークポートが「動的ポート」で構成されていることが原因です。SCCMではSQL別立て&名前付きインスタンス環境においては「静的ポート」を設定してあげる必要があるとの事。手順は下記の通り。

  1. SQL Server から「SQL Server 構成マネージャー」を開く
  2. 「SQL Server ネットワーク構成」からターゲットとなるインスタンスのTCP/IPを開く
  3. TCP/IPのプロパティの「IPアドレス」タブを開き「IPALL」のTCPポートにて任意のポートを設定し、TCP動的ポートを空っぽにする
  4. 同様にIP1 ~ IP4のフィールドにてTCP動的ポートを空っぽにする。TCPポートも空っぽでOK
  5. ターゲットとなるインスタンスのサービスを再起動

これで次のインストールフェーズに進みます

 - sccm