いろんなサーバー設定研究所

インフラエンジニアに役立つ各種設定やTipsを提供します Windows Server、Linux など

*

Microsoft Edge と Windows 10 のプロキシを設定する

      2015/07/30

image

Microsoft Edgeを使っていて気が付くことは、IEと比較して設定メニューが少ない事です。「シンプルになった」のは良いことですが、IEユーザーはちょっと戸惑うかもしれません。

そこで手始めにMicrosoft Edgeのプロキシ設定について、説明していきたいと思います。

Windows 10 の winhttp proxy についても触れますので、プロキシを介してInternetサイトからWindows Update等を行いたい場合も参考にして頂けると幸いです。


Microsoft Edgeのプロキシ設定を行う

Microsoft Edgeの設定メニューを見てみると、プロキシ設定が無い事がわかります。

…な…ない…だと……
実はMicrosoft Edgeのプロキシ設定はWindows 10 のシステム設定から行います。[設定]-[ネットワークとインターネット]-[プロキシ]から設定を行ってください。(自動構成プロキシも設定可能)

プロキシを介して接続できました。

image

User Agent は”Edge/12.0″なんですね。

ちなみにシステム設定から行ったプロキシ設定は、IE11にも設定が反映されます。

image

Windows 10 の winhttp proxy 設定は?

Windows Updateなど、システムが外部サイトに接続する際に参照されるプロキシはWinHTTP プロキシ設定です。

従来これはGUIから設定できるものではなく、コマンドプロンプトから設定を行うものでした。Windows 10 のシステム設定からプロキシを設定すれば、winhttp proxyにも設定が反映されるんじゃないかと思って確認しました。

image

残念!WinHTTP Proxyの設定まではされませんでした。

WinHTTP Proxyの存在は一般ユーザーの皆様には分かりまにくく、トラブルの種になりやすかったので、GUI化されたら嬉しいなと思ったのですが残念でした。

Windows 10 でも netsh コマンドによるwinhttp proxyの設定は必要です!

netsh winhttp set proxy <YOUR PROXY:PORT>

Windows 10 と Microsoft Edgeのプロキシ設定まとめ

  • Microsoft Edgeのプロキシ設定はWindows 10のシステム設定から行います。
  • また、この設定はInternet Exprorerにも反映されます。
  • ただし、WinHTTP Proxyの設定は従来通りnetshコマンドから行う必要があります。

でもWindows 10 のシステム設定でプロキシ設定の項目ができた事で、Edge、IE、chrome、Opera、Firefox全ブラウザのプロキシ設定が一か所で行えるようになりました。

どんどん活用していきたいですね。

 - Windows 10